> > FTPソフトの設定
FTPソフトの設定
 
各種FTPソフトのアカウントの設定ガイドとなります。下記よりご利用のFTPプログラムをクリックして設定画面をご確認ください。 各FTPソフトの基本設定は "ファイル" "ツール" もしくは "設定" タブより "ホスト/接続/サーバー" などに進んでください。
入力する設定基本項目は以下となります。

名前: 任意となります。
ユーザー名/ユーザーID: ユーザー名を入力します。
パスワード: パスワードを入力します。
ホストサーバー もしくはリモートホストFTPホスト: ドメイン名を入力します。
ポート番号: 21



以上全てのFTPソフトに共通の設定項目となります。

SmartFTPの設定
FFFTPの設定
NextFTPの設定
WS_FTP の設定

ホームページビルダーの設定

Dreamweaverの設定

Cyberduckの設定

Fetch の設定

FTP 全般
 
FTPでログインする 最初にサーバーにFTPでログインした時このディレクトリーはホーム・ディレクトリー となります。このディレクトリーは / です。 このホームディレクトリーの中に下記のサブディレクトリーが表示されています。 全てのディレクトリーとファイルは 大文字、小文字を識別 します。Myfile.htm は MYFILE.htm とは異なります。


counter

このディレクトリーはカウンターのデータファイルを置いています。通常はアクセスする必要はありません。
カウンターの設定はウェブデスクよりできます。


log

これはログディレクトリーです。アクセスログのファイルも含まれます。ログファイルはディスクスペースに余裕を持たせるため、定期的に削除することをお勧めします。 ウェブデスクより簡単に削除できます。


mail

これはメールディレクトリーです。ウェブデスク からメールアカウントの設定が可能です。このディレクトリー内は非表示となります。設定方法は最上段「サポート」 → 「よくある質問」 の 「メール」を参照して下さい。


secure

これは SSL のルートディレクトリーです。セキュリティ (SSL) の処理を行う以外は virtual_html と同様の配置になります。データにセキュリティをかけるため、通常よりも表示に時間がかかる場合があります。


virtual_html

こちらはホームページのルートディレクトリーです。全てのファイルは( secure_html は除く )はこのディレクトリーに置いてください。ブラウザーで http://www.my_domain.com にアクセスした場合はこのディレクトリーを読みます。 www.を省いて http://my_domain.com も同様です。



アクセスする場合、ほとんど ウェブのルートディレクトリー ディレクトリーになると思います。 このディレクトリーに関して重要なポイントを列記します。

ウェブのルートディレクトリー ディレクトリーには必ず index.htm、index.html、index.shtml、index.php または index.cgi ファイルを置きます(ファイル名は全て小文字で正確に)例: Index.htm ではエラーになります。
カスタムCGI ディレクトリーは カスタム CGI ファイルを置きます。他の場所にも置くことはできますが CGI ファイルはこのディレクトリーに置くことをお勧めします。
ウェブのルートディレクトリー ディレクトリーの中に新しくサブディレクトリーを作成する場合は、FTP ソフトなどでフォルダ作成を行ってください。

 

転送モードについて

サーバーへのファイル転送には3種類の転送モードがあります。

.txt、.html、.php、.pl、.cgi などテキスト主体のファイルは 「アスキー」モードを選択してください。Windows パソコンから Unix サーバーに「アスキー」モードでファイルを転送した場合、復帰コード文字を取り除きますのでローカルのファイルより少しサイズが小さくなります。

.jpg、.png、.mp3、.wav など画像や音源の生データは「バイナリ」モードを選択してください。

どちらか判断のつかないファイルの場合は「オート」モードを選択してください。

転送モードが間違っている場合は正常に動作しない、表示されない等の不具合の原因となります。そうした場合は、異なるモードで再度転送し直してみてください。


 
レンタルサーバー J-NAVI のアフィリエイトプログラム
 
支払いオプション